効率よく永久脱毛するために

永久脱毛は美容皮膚科など医療レーザー脱毛を扱っている機関で受けられます。

通って照射してもらえば、それで終了と思っていませんか。

実は自分でもすべきことはいくつかあるのです。

まずは事前のシェービングです。
永久脱毛では光を使ってお手入れを進めます。

この光、黒い色に熱ダメージを与えるという性質があるため、毛が伸びたままでは伸びた部分に反応してやけどなどの肌トラブルの恐れがあります。そのため照射部の毛は予め剃っておく必要があるのです。ただ、その際に注意したいのがカミソリ負けです。

大阪の脱毛情報を利用しましょう。

肌荒れした状態では照射できないので、シェービングは正しく行って、その後はしっかり保湿をして肌を整えることです。


また、照射前後の体を温める行為はNGです。

飲酒や入浴、激しい運動など照射当日には避けましょう。

大手小町情報を集めました。

光は毛母細胞に熱ダメージを与えますが、体が温まるとその熱が広がる恐れがあり、やけどなどの恐れがあるためです。

ただ、入浴したいなら、照射部位は軽いシャワー程度なら問題ないですし、それ以外は洗っても問題ありません。

それと永久脱毛期間中にしてはいけないこともあります。
それが日焼けです。


日焼け肌が小麦色なのは肌内部のメラニン色素のためです。

このメラニン色素は黒色をしています。

つまりこの状態で照射をすることで、肌内部のメラニン色素に光が反応してやけどなどの恐れがあるので、期間中の日焼けはNGなのです。
このように永久脱毛はやってもらうだけでなく、自分でやるべきこともあります。



こういったことをしっかり守ることで、効率のよい永久脱毛が可能となるのです。