経営戦略の概要と種類経営戦略とは

経営戦略の概要と種類経営戦略とは組織の中長期的な方針や計画を指す用語なのですが、他にも様々なつかわれ方や意味を持っています。
事業戦略や全社戦略などといった用語は日本特有のものもあり、英語では区別される複数の概念をまとめて経営戦略と呼ぶこともあります。


経営戦略の概要としては持続的競争優位を達成するためにはどのようなポジショニングを構築すればよいのか、または企業が考えた競争に成功するためのセオリーなどの決まり事や、市場の中なの組織として長期的な活動を行うためにはどうすればよいかを示す基本設計図の作り方と運用方法、企業がその目標を達成するためにはどういった資源展開のあり方を環境やその他の関わりの中で方向付けるもの等と言った考え方が一般的です。

経営戦略の分類としては、事業戦略と全社戦略がありがあり企業が複数の事業を保有していたり、複数地域で事業を展開していたりする場合に戦略を策定、実行するレベルに従って区別されるものです。



しかし企業が一事業のみで操業している場合には区別がなされない場合もあります。



この条件としては、ここの事業単位でどのように優位性を構築しさらに維持するかに関わる戦略を事業戦略と呼びます。さらに事業の取捨選択や複数の事業観における資源の配分などといった企業全体、企業グループ全体に関わる企業戦略を全社戦略と呼びます。



また他にもマーケティング戦略などの、それぞれの機能ごとに戦略が策定される場合もありますが、これを機能別戦略と呼びます。